お知らせ・ブログ
2021年817(火)

胃腸の負担

くまがい薬局facebookはこちら

www.facebook.com/kumagaiyakkyoku

 

8月半ばを過ぎて、胃腸の不快感を訴える患者さんが増えてきました。

冷たいものを懸命に消化してきた胃腸は、この時期とても疲労度がたまります。

少し休ませてあげたいところですね。

 

 

食事をしながら胃腸を休ませる方法の一つは、【食事量】です。

やはり腹8分目というのは理にかなっています。

夕食後は活動するためのエネルギーをそれほど必要としないため、腹6分目くらいでもいいかもしれません。

以前お話した朝:昼:夕=5:3:2を意識してもいいかもしれませんね(^^)/

 

 

もう一つの方法は【咀嚼】です。

食べ物を咀嚼することは、素材の味をしっかり感じるというメリットのほかに、

消化の負担を減らすというメリットがあります。

胃腸が疲れているときこそ、ゆっくりしっかり咀嚼して、負担を減らしましょう。

また、椅子に座った時に、床に足がついているかどうかで咀嚼力に違いが出るそうです。

しっかり座り、足は床につけた姿勢がいいのかもしれませんね(^^)/

 

 

 

それでも疲れてしまった胃腸には、漢方薬がおすすめです。

患者さんの背景によって使う薬は変わりますが、胃腸機能を整えるお薬はいろいろあります。不快感が出てきたらぜひご相談ください。

 

 

 

胃腸機能を休ませながら、もうすぐ来る秋の味覚を楽しみに!

 

 

 

#健康相談 #漢方相談 #美容相談 #子宝相談 #慢性疾患 #長くお悩みの症状

#更年期 #女性特有の症状

 

くまがい薬局

浜松市中区高丘北1-9-8

電話053-436-1929

前の記事

  ブログ一覧へ戻る

  次の記事

Page topPage top