お知らせ・ブログ
2021年32(火)

EPA・DHA

2021年3月2日(火)

くまがい薬局facebookはこちら

www.facebook.com/kumagaiyakkyoku

 

《EPA・DHA》

食生活の欧米化に伴い、口にする油の種類も変わってきました。

それに伴い、心疾患や循環器疾患、アレルギーなどの炎症疾患なども

増えてきたと言われています。

 

そもそも和食は油の量自体がかなり少ないですから、

食の欧米化は、日本人にとってはいろいろな負担が大きいのかもしれませんね。

 

 

 

今日は、油の話です。

注目したいのは油の種類!つまりω6ω3です。最近よく聞きますね。

 

このω6とω3、食生活で理想的なのは21の比率!

ですが、最近はω6upが増え、ω3downが減ったために、

バランスがかなり崩れています。

 

 

 

さて、じゃあ「ω6を控えよう」となりますが、これがなかなか難しい!

なぜなら、料理に使われる食品素材の中にも、すでにω6が多く含まれるからです。

  • マヨネーズ
  • マーガリン
  • スナック菓子
  • 菓子パン
  • サラダ油
  • 調理済みお総菜 etc

「ω6を控えよう!」をすべてクリアするのは理想的ですが、なかなか難しい。

でも、どうにか比率を2:1に持っていきたい!

 

であれば、

ω3upを増やして、なんとか2:1までもっていく!

そこで注目されているのがEPA・DHAのサプリメントです。

オメガ3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来は、日本人には、和食がやっぱり合うんだと思います。

こういう話題になると、青魚の力・和食の力をあらためて感じますね。

 

食事を見直すのが難しければ、足りない分を補うのも、一つの方法です。

食生活の見直しに、実績のある会社のω3:EPA・DHAをおススメしています。

 

 

見直してみたい方、ぜひご相談ください。

まずは食養生から、ご提案させていただきます('◇')ゞ

 

#EPA

#DHA

#青魚

#和食は体にいい

#和食を見直そう

 

くまがい薬局

浜松市中区高丘北1-9-8

電話053-436-1929

 

前の記事

  ブログ一覧へ戻る

  次の記事

Page topPage top