お知らせ・ブログ
2019年412(金)

もの忘れ

4月12日(金)

 

もの忘れに関しては、本当にご相談のお声も多くなりました。

認知症と混同されがちですが、明らかな違いがあります。何を食べたか分からない・・・ではなく、食べたかどうか記憶がない・・・のように、日常生活に支障をきたすかどうかの違いなどがあります。

 

  • どこにしまったか分からない
  • 玄関の鍵を閉めわすれた
  • 名前が思い出せない
  • 電気を消していなかった
  • どこまで話したか覚えていない

加齢・ストレス・脳循環の低下などにより、脳の海馬の働きが悪くなると、症状が出やすくなります。

 

 

 

  • 激しくない運動習慣(ウォーキングなど)
  • あたらしい趣味を持つ
  • 人と話す

脳を若く元気に保つ方法はいくつかあります。

 

 

もの忘れを対象とした、漢方薬もあります。

ちょっと気になりだしたら、ぜひご相談ください。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

●健康相談・漢方相談・美容相談・子宝相談

●慢性疾患・長くお悩みの症状

●更年期・女性特有の症状など

 

くまがい薬局

浜松市中区高丘北1-9-8

電話053-436-1929

前の記事

  ブログ一覧へ戻る

  次の記事

Page topPage top